【2018年最新版】タスク管理やスケジュールを管理するのに便利な「プロジェクト管理ツール」を徹底比較!おすすめランキングでご紹介します!

おすすめポイント分かりやすさと便利さを両立した管理ツールの草分け

プロジェクト管理ツールランキングの選考にあたっては、なかなか苦労させられました。プロジェクト管理ツールの数が多いというのもその原因のひとつでしたが、いかんせんまだまだ日本においては馴染みのあるものではなく、情報の収集にかなり苦労させられたというのが、大きな要因でした。

しかしその中でも、ひときわサービスクオリティに優れているプロジェクト管理ツールを見つけることができたのです。それが、今回1位に輝いたタスクワールド・ジャパンの提供している「Taskworld(タスクワールド)」です。

日本ではまだまだ知名度はそこまで高くありませんが、それでも日本人なら誰もが知っている有名広告代理店やSNS・アプリゲーム制作会社を含む、国内外のメジャー級企業が続々とこのツールをプロジェクトに導入しはじめています。導入事例を見てみると、SamsungやNetfiix、AmazonにRocheといった日本においてもその名前が知られている有名企業がこのTaskworldを取り入れているのです。

大手企業へは日夜さまざまな企業が自社開発のプランやシステムの導入プレゼンを行っていますが、そういった企業の導入審査は非常に厳しいものがあり、なかなか首を縦にふってくれません。それにも関わらず、多数の大手企業導入実績があるということは、それだけ優れたツールであるということなのです。

一体なぜ、ここまで高い人気を誇っているのか。それはひとえに、ユーザーインターフェースを重視しているからにほかならないのです。システムはユーザーインターフェースひとつでその価値が大きく変動してしまいます。いくら先進的な機能を取り入れているからといっても、インターフェースが使いやすく設計されていなければ、たちまち無価値なものになってしまう危険性もはらんでいると言えるのです。

このTaskworldは他社ツールに勝るとも劣らない新システムや機能を採用しつつ、「使いやすさ」を最大限に考えたユーザーインターフェースを作っていますから、ここまで支持されるのです。

カンバン方式の採用によってチームの大小に関係なくニーズを満たせる

このTaskworldは世界各国に数多く存在しているプロジェクト管理ツールの中でも、技術面において特に優れているとされています。プロジェクトを効率よく円滑にすすめていくためのさまざまな機能やノウハウを多数採用しているからです。

その中でもひときわ優れていると評価されているのが、「カンバン方式」の採用です。カンバン方式とは一体どのようなものかというと、自動車メーカーの王者であるトヨタが「ムダの徹底排除」のために打ち出した独創的な生産管理方式であり、別名「スーパーマーケット方式」とも呼ばれています。

このカンバン方式は主に工場などで用いられていた手法ですが、ピッキングスタッフに対して調達してほしい部品を口頭で伝えるのではなく、部品名や番号、数量などを細かく書いたカードを渡すことによって、ミスなく効率的に作業を進めることができるといったようになっています。

Taskworldではこのカンバン方式を積極的に取り入れ、その日や時間に行うべきタスクが単なる文章の羅列ではなく、視覚的に「パッ」と確認できるようになっています。だから、だれでもすぐにプロジェクトの業務を把握することができますし、ツールをスマホアプリで持ち歩けば逐一チェックすることも可能です。

この「分かりやすさ」「見やすさ」を両立したシステムによって、Taskworldはプロジェクトの管理把握がすこぶる行いやすくなっているのです。これまでプロジェクト管理ツールを導入したことがない、あるいはクオリティの低い導入ツールを使っていた場合は、その便利さに驚かされることでしょう。

プラグインのダウンロードは必要なし、最初から完璧です!

多くのプロジェクト管理ツールでは、プラグインの導入が不可欠となっています。多機能やシステムの充実性を謳っているツールであっても、結局はたくさんあるプラグインをダウンロードしなければ、それらを使うことができないというのはよくある話です。

一見それほど難しくないように思えるプラグインの導入ですが、実はこれがなかなかの手間なのです。ツールによってはプラグインがどこにあるのか、またどれをダウンロードすればいいのかがまったく説明されておらず、間違えて余計なプラグインを入れてツールが使いづらくなってしまった、なんてこともしばしばです。

しかし、このTaskworldであれば、そのようなことはいっさい起こらないでしょう。なぜなら、Taskworldは最初からすべての機能が備わった状態で使えるようになっているから。よって、プラグインのダウンロードはいっさい不要であり、誰でも最初からその便利な機能をフル活用することができるのです。

ほかにはない、日本語による手とり足とりのサポートで誰にでも使える

現在サービスを展開しているプロジェクト管理ツールの多くが抱えている問題に、「日本語への対応が不十分」といったことが挙げられます。プロジェクト管理ツールを開発している会社の多くが外資系の企業であるため、日本語に関しては新たに環境を整える必要があるのですが、これを満足に行っていないところが少なくありません。

ツールに関連したサービスの翻訳がめちゃくちゃになっていて読みづらいというだけでなく、サポートセンターへ連絡をしても日本語を十分に使いこなせないスタッフが対応するため、問題を解決することができないといったこともあるのです。

そんな問題に対して積極的に対策を行っている数少ない企業が、タスクワールド・ジャパンです。Taskworldでは日本語が堪能なスタッフの対応が期待できるカスタマー電話窓口が用意されているだけではなく、ビデオチャットやメールを用いた使い方解説やトラブル対応も受けることができるようになっています。

ここまで日本語対応を積極的に行ってくれている会社は、なかなかありません。だからこそ、日本におけるTaskworldの普及が期待できるというわけですね。

 
【Taskworld(タスクワールド)】の機能について詳しく知りたい

 

プランによる機能制限一切なし!企業の環境に合ったシステム構築ができる

このTaskworldは、「プロフェッショナルプラン」と「エンタープライズプラン」のふたつのプランが用意されています。

通常であれば、値段が安価なプランに「〇〇回しか投稿できない」「〇〇時から〇〇時の間は使うことができない」といったようなある種の機能制限がかかっているものですが、Taskwoldの場合そのようなものはいっさいありません。どのプランであっても制限を受けることなく、機能を好きなように使うことができます。

また、企業でのより本格的な導入をサポートするために、「専用サーバー(VPC)」や「オンプレミス」等の導入オプションも用意されています。

そのほか、プロジェクト管理が捗る機能を多数搭載

そのほかにも、Taskworldには便利な機能がたくさん内臓されています。

完了済みタスクに対し特定のメンバーにのみフィードバックを送ることのできる「パフォーマンス・レビュー」や、一括してプロジェクト全体を俯瞰管理することのできる「オーバービュー」、タスクにかかった時間を測れる「タイム計測」など、これがあればプロジェクトが捗る機能が目白押しです。

また、公開されているAPIドキュメントをうまく活用することにより、SlackやChatworkといった外部ツールと連携させたかたちで使うことも可能です。

Taskworldを利用した方の口コミ・評判を集めてみました!

職種:役員(取締役)

新事業立ち上げにあたり、パラレルで行うプロジェクトが多数あり、かつ細かいタスクについても 進捗をとっていく必要があり、他タスク管理ツールTrelloやキントーン、todoist,evernoteなども 当初検討しておりました。 すべて試用運転してみましたが、このタスクワールドがシステムのサイズ感、コスト感、なんといっても 使用感が他のものよりもダントツに優れており直ぐに導入を決定いたしました。 いくつかグッときた点を下記にまとめます。 〇視覚的にわかりやすいインターフェースはストレスフリーで管理に割く時間が、楽しくなります。 〇ガントチャートも他の方もおっしゃってるように、管理が容易になります。 〇タスクごとの会話ができるため、コミュニケーションがとりやすい。 〇タブレットなどのアプリでも操作性が維持されているので、外出先でもお手軽に編集が可能。

引用元:https://boxil.jp/

→タスク管理や、スケジュール管理は仕事をしていく上で重要ですが、なかなか管理するのが大変ですよね。特に会社の取締役ともなると、そのスケジュールは膨大であることが想像できます。

そんな方も、非常に使いやすいと好評のTaskworldは、口コミにもある通り、タブレットなどのアプリでも操作性が維持されていて、どこにいても編集が可能なので、急なスケジュール変更等も忘れず更新することが出来ます。

また、視覚的にわかりやすいインターフェースなので、どんな年代の方にも使いやすい仕様と言えそうです。

職種:一般社員・職員

プロジェクト-タスクが直感的に管理できる。 通知各種をリマインダーとしてメールで通知してくれるので、今の状況を把握しやすい。 例えば毎朝今日のスケジュールがメールで通知されたり、期限が迫ったタスク・期限が切れたタスクを通知してくれる

引用元:https://boxil.jp/

→タスク管理やスケジュール管理をする上で、リマインド機能はありがたいですよね。
期限が迫ったタスクを忘れていたということも防ぐことができますし、その日のスケジュールを再確認することで、一日の予定が立てやすくなりますよね。

また、Taskworldはガンチャートという機能を標準装備しているため、直感的にスケジュールやタスクを管理しやすくなっています。そこも人気のポイントと言えるでしょう。

タスク管理やスケジュール管理を簡単に出来るツールをお探しの方は、一度試験的に使用されてみてはいかがでしょうか。