【2018年最新版】タスク管理やスケジュールを管理するのに便利な「プロジェクト管理ツール」を徹底比較!おすすめランキングでご紹介します!

プロジェクト管理ツールにはどのような種類がある?

仕事をしていく上でプロジェクトやタスクを管理していくのは仕事の精度を上げるためにも非常に重要なことです。

現在では非常に多くのプロジェクト管理ツールが各社から出ています。

導入する際の目安にするためにもどのような種類があって、どんな特徴があるのかを知っておきましょう。

 

プロジェクト管理ツールとはどのようなものなのか

プロジェクト管理ツールとはその名の通り、プロジェクトを管理するものです。

チームとしてプロジェクトに取り組む際の工程・タスク管理、スケジュール共有、メッセージなどの機能が備わっています。

チームで仕事をしていると「いつまでに作業をやらなければならないのか」「誰がどこまで作業をしているのか」がわかりづらいため、作業の抜けや忘れが発生し、プロジェクトの円滑な進行を妨げていました。

しかし、こうしたプロジェクト管理ツールを使用することでチームメンバーの作業状態や工程を全員で把握することができるため、プロジェクトの進行が円滑になり、達成も早くなります。

また、こうしたプロジェクト管理ツールの多くは視覚的に見やすいインターフェースを備えているものが多く、使い方も直感的に使えるものが多いのが特徴です。

 

プロジェクト管理ツールの基本とは?

現在は各社から様々なプロジェクト管理ツールが出ています。

基本的なところで言えば、有料か無料か、クラウドベースかローカルベースかでの違いがあります。

また、それぞれのアプリケーションによって得意としていることも違ってきます。

例えばチームメンバーとの距離が離れていたり、他社にもメンバーがいる場合などはメッセージ機能などに重点を置いて選ぶ必要がありますし、プロジェクトの内容から見てスケジュール機能やタスク管理機能の自由度が高い方が良いなどといった業務やメンバーの特性に合わせて選択する必要があります。

注意すべき点としてはチームメンバーが少人数だった場合は無料で使えるが、メンバーが20人や30人になった場合には有料になってしまうアプリケーションがあることです。

また、現在は外国の方ともメンバーになってプロジェクトを行う必要性も高まっていますので、多言語に対応しているのかといった点も見逃せません。

 

どうやってプロジェクト管理ツールを選べば良いのか

「種類が多くあるのはわかったけど、自社に導入するためにはどれが良いのかわからない」といったこともあると思いますが、重要なことは自社の業務やメンバーはどんな特性があるのかをしっかりと把握することです。

かなりの数のプロジェクト管理ツールがある中でどれか一つに絞るのは大変なことです。

しかし、自社の業務やメンバーはどのようにプロジェクトを進めていくのかを考えた時にタスク管理を優先した方が良いのか、メッセージ機能を優先した方が良いのかが見えてくると思います。

あと費用はどれぐらいかけられるのか、社内のセキュリティ規約上、クラウドかローカルどちらが適しているのかを考えていくのが良いのではないでしょうか。

 

プロジェクト管理ツールを調べるだけで、非常に多くのアプリケーションが存在することがわかると思います。

しかし、大事なことは自社の特性に合わせてツールを選ぶことですし、何よりメンバーが使いやすいものでなくてはなりません。

もし、それでも選びきれないという場合はとりあえずどれかを無料版でも良いので導入してみて、使ってから判断しても良いかもしれません。

せっかくプロジェクト管理ツールを導入しても使えなければ意味がありません。

このプロジェクト管理ツールの選択がプロジェクトの成否を分けるといっても過言ではありません。

 

サイト内検索
プロジェクト管理ツールランキング!
記事一覧