【2018年最新版】タスク管理やスケジュールを管理するのに便利な「プロジェクト管理ツール」を徹底比較!おすすめランキングでご紹介します!

プロジェクト管理ツールでできる様々な機能

 

プロジェクト管理ツールは、IT企業だけでなく各地の民間企業や官公庁などに導入が進んでおり、業務の効率化や問題の明確化などに役立てることができます。

また、プロジェクトの目的に合ったツールを選ぶにあたり、機能性の良しあしに注目をすることがおすすめです。

リアルタイムで進捗管理ができるツール

プロジェクトのメンバーの作業の進捗状況をリアルタイムで把握するにあたり、高性能のツールを積極的に活用することが大切です。特に、ガントチャートを利用して、それぞれのメンバーが取り組んでいるタスクの内容についてチェックできるツールについては、様々なジャンルの企業の間でニーズが高まっています。難易度の高いタスクをこなす必要がある場合には、ベテランのメンバーが経験の浅いメンバーのサポートをする必要があるため、メンバーがツールの正しい使い方をマスターすることが大事です。

最近では、ニーズの高いツールの魅力について使い勝手の良いツールを見極めることが肝心です。また、進捗管理をスムーズに行うためには、一人ひとりの、IT関係の専門誌などで度々特集が組まれることもあります。そこで、日々の進捗管理の精度を高めるために、プロジェクトの内容や業種、メンバーの人数などに応じて、色々なタイプのツールのメリットやデメリットを見極めることが大事です。

メンバー間でデータの共有ができるツールがオススメ

プロジェクトに取り組むメンバーの間で画像や文書などのデータを共有できるツールは、コミュニケーションを活性化するために大いに活用することができます。特に、様々な職種のメンバーが一つのプロジェクトに取り組むにあたっては、適切な情報の交換が難しいことがありますが、早い段階からこうしたツールを取り入れることで、作業を円滑に進めることも可能です。

なお、業務の合間を縫ってディスカッションができるツールについては、導入コストがやや高くなるものの、将来的にプロジェクトを成功させるうえで大きな魅力があります。なお、ツールを使った効果的なデータの共有の仕方については、素人にとって理解しにくいところもあり、プロジェクトを始める前に対象者へ研修を行うこともおすすめです。

集計や分析の機能の付いた便利なツールを使いこなそう

プロジェクトでそれぞれのメンバーが作業を終えたタスクの集計や分析を行えるツールは、手作業で行うよりも時間やコストなどを大幅に節約できるため、多くの企業内で需要が高まっています。例えば、グラフや報告書の作成をスピーディーに行えるツールについては、情報処理に関する専門的なスキルを持たない人でも短期間で使いこなせるものもあります。なお、企業活動における収支を大画面で把握しやすいツールは、業種によらず普及が進んでおり、法人向けのツールを主に扱っている業者も増えています。そこで、大規模なプロジェクトのデータ処理を快適に行いたい場合には、様々なタイプのツールの使い方にこだわることが肝心です。

プロジェクト管理ツールの機能性の良しあしを重視するにあたり、メンバーの進捗状況の管理やコミュニケーションの活性化、データ処理のしやすさなどのポイントに目を向けることが大事です。中でも、多機能型のツールについては、IT関連企業をはじめ全国的に導入が進んでおり、初期費用や維持費などを考慮しながら、実際の業務に役立つツールを見極めましょう。また、ツールによって扱いやすさや性能などに大きな違いがあるため、法人向けのツールを専門に扱っている企業に積極的に問い合わせをすることが大切です。なお、プロジェクトの目的やメンバーの人数、業種などにより、使い勝手の良いツールが異なります。そこで、法人向けのツールを中心に、早いうちから様々な業界内で支持を受けているツールの特徴を調べてみましょう。