【2019年最新版】タスク管理やスケジュールを管理するのに便利な「プロジェクト管理ツール」を徹底比較!おすすめランキングでご紹介します!

プロジェクト管理ツールは目的に合わせてカスタム可能?

公開日:2019/12/01  最終更新日:2019/11/13

効率良くプロジェクトを管理するのにツールを導入している企業が増えています。プロジェクト管理ツールはプロジェクト管理に特化していて、様々な目的に合せて管理し、可視化することによって業務効率化に繋げることが可能です。

いろいろなプロジェクト管理ツールがリリースされていて、自由にカスタムすることができたりデザインを選択することができます。

管理作業の効率をアップすることができる

プロジェクト管理ツールにはいろいろなメリットがあります。例えば管理作業の効率をアップすることができ、目的に応じた工数やコスト・スケジュールなどの多くの項目を管理することが可能です。

さまざまな項目をカスタムしたり設定することができ、簡単に入力することができます。スタッフの作業状況をすぐ把握することができるので便利です。目的を達成するには現状をスタッフにも共有することが大切です。

ファイル形式では共有する為に、相手にファイル添付したメールを送信したりしなければならず、同時編集できないことが多いでしょう。ツールを利用すると登録した工数がリアルタイムに反映され、現状をすぐに把握することができます。

プロジェクトの進捗を可視化することができ、何かしらのトラブルなどに迅速に対処することが可能です。プロジェクト管理ツールは実績を入力するとチャートや予実の状況も可視化することができます。

洗練されたデザインで提供することができ、様式を統一することができるので便利です。進捗に応じてさまざまなレポートをカスタムすることができ、すぐに作成することができます。

クラウド型やインストール型がある

プロジェクト管理ツールにはいろいろな製品が提供されていて、選ぶ際の重要なポイントとしてクラウド型かインストール型があげられます。

クラウド型はネットを利用しブラウザからツールを使用するシステム形態です。導入が簡単で費用を抑えることができます。ツールの保守や運用などをサービス提供者に依頼することができるので便利です。

インストール型はコンピュータにインストールしてから利用するシステムで、ネット環境がなくても利用することができます。クラウド型のように何かしらのサーバーを共有しないので、セキュリティリスクが低いです。インストールしたりセットアップするのに時間や手間がかかったり、ツールの保守や運用なども自分で管理しなければいけません。

メンテナンスを意識せずに費用を抑えたいならクラウド型がおすすめです。製品によっていろいろな機能があり、タスク管理に特化したものや工数管理に特化したものなどがあげられます。

手軽に導入したいのならタスク管理がおすすめで、チャートやカレンダー形式で可視化したいなら工数管理に比重を置くと良いでしょう。直感的な操作性が良く、分かりやすいデザインになっているものを選ぶことをおすすめします。

業務を効率的に進めることができる

さまざまなプロジェクト管理ツールがありますが、中には無料で利用することができたり、お試し無料期間が設定されているものもあります。タスク管理や進捗管理・情報共有といった基本的な機能が備わっていて、無料で利用することができるものもあるでしょう。

いろいろな機能が搭載されていて、自由にカスタムすることが可能です。スケジュールを登録するとチャートやカレンダー・ロードマップといった形式で確認することができたり、印刷することができるので便利です。

プロジェクト管理ツールは業務を効率的に進めるために導入している企業が多く、従来のアナログ的な方法での管理は登録するのに手間がかかったりプロジェクトの現状をリアルタイムで把握することができませんでした。

ツールを導入することによっていろいろなプロジェクトを可視化することができ、予実管理を徹底できます。クラウド型の場合は導入や運用コストなどを抑えて手軽に利用することが可能です。

 

プロジェクト管理ツールを利用するとリアルタイムで業務の進捗状態を把握することができます。自由にカスタムすることができたり、好きなデザインのものを選択することも可能です。管理作業の効率をアップすることができ、クラウド型やインストール型があります。

サイト内検索
プロジェクト管理ツールランキング!
JIRA(ジラ)の画像
記事一覧