【2018年最新版】タスク管理やスケジュールを管理するのに便利な「プロジェクト管理ツール」を徹底比較!おすすめランキングでご紹介します!

プロジェクト管理ツールの有料版と無料版の違いとは?

会社のプロジェクトを行う場合にも、プロジェクト管理ツールがなければ難しい時代になってきました。

そこでプロジェクト管理ツールを導入する必要がありますが大きく分けると無料のものと有料のものがあります。

はたしてこの二つの違いはいったい何でしょうか。

 

基本的に無料でできることとはどのようなことか

プロジェクト管理ツールの中でも、有料のものと無料のもので違いはあります。

そもそも、どちらにも共通した部分はいったいどのようなものでしょうか。

一つは、カレンダーが使えることです。

何日もかかって行うプロジェクトがほとんどですので、将来のカレンダーだけでなく過去のカレンダーも重要になります。

次に、ほかの人のタスクを見ることができる点です。

これは有料版だけでなく無料でも行うことができますので、ほかの人の進ちょく状況を見ながら自分も進めることが可能です。

逆に、スピードが遅い人ならばほかの人の進ちょく状況を見ながらつねにスピードアップを図らなければいけません。

最近は、無料のものでもスマートフォンに対応しているものも少なくありません。

そのため、外出先からもタスクをチェックすることができるのが大きな魅力になります。

 

有料のものは容量が圧倒的に大きい

有料版のプロジェクト管理ツールは、なんといっても容量が非常に大きいことです。

プロジェクト管理をする場合には、全員で閲覧することができる情報が必ず必要になります。

この時、文字ベースや画像などを取り込んだだけならばそこまで大きな容量を必要としていません。

ですが、最近は動画を使う人も増えてきています。

動画は、非常に大きな容量でないと取り込むのに時間がかかってしまいます。

また、ダウンロードするときもそれなりの時間がかかってしまい急がなければいけないプロジェクトもダウンロードだけに大きな時間を割かれるとすれば本末転倒です。

さらに、容量が大きいことにより全体的に軽いイメージがつきまとうでしょう。

パソコンで立ち上げるときの軽さやスマートフォンで見たときの軽さは、完成までの時間に厳しい制限があればある程その重要性が理解できるはずです。

このように考えれば、ある程度大きなデータを動かす場合には有料版にした方が圧倒的有利でしょう。

有料のツールも毎月10000円から20000円程度ですのでそこまで大きな金額がかかるわけではありません。

それより、仕事のスピードのことを考えるならばやはり有料版が頼りになるでしょう。

 

セキュリティが充実していることはとても大事

プロジェクト管理ツールの中では、セキュリティがしっかりしているものとそうでないものがあります。

この点有料版に関してはセキュリティがしっかりしているものがほとんどです。

個人的な情報ならばともかく、会社のプロジェクトとして立ち上げている情報ならば他社にこの情報がわかってしまえば非常に大きな損失をこうむることになるでしょう。

また、情報が漏れていること自体、大変わきの甘い会社だと思われてしまい、取引き先からもそっぽを向かれてしまう可能性があります。

自分の会社の直接的な損失だけでなく信用が失われるという点も覚悟しておかなければなりません。

特にセキュリティに関しては、インターネット上いくらでも脅かされる可能性がありますので頑丈にしておくにこしたことはありません。

もし、情報が外部に漏れたくないならば、有料版のセキュリティがしっかりしたものを利用する必要があります。

 

プロジェクト管理ツールを利用する場合にも、有料のものと無料のものがあります。

それぞれの共通点は、他人のタスクを見ることができる点やカレンダーが利用できる点になります。

有料版でしか利用できないものは、大きな容量でもスムーズな動きが実現可能なことです。

これにより、作業時間を大幅にアップすることが可能でしょう。

また、セキュリティの面では無料版と有料版では大きな違いがあります。

特に会社の情報は漏れてしまっただけでも信用問題にかかわりますので、有料のものを使うメリットは大きいでしょう。

 

サイト内検索
プロジェクト管理ツールランキング!
記事一覧