【2018年最新版】タスク管理やスケジュールを管理するのに便利な「プロジェクト管理ツール」を徹底比較!おすすめランキングでご紹介します!

個人向けとビジネス向けのプロジェクト管理ツールの違いはある?

プロジェクトを管理する上で、そのプロジェクトを可視化することが重要になりますが、その際に利用するのがプロジェクト管理ツールです。

ここで個人向けとビジネス向けの違いについて見ていきましょう。

 

プロジェクト管理ツールの知っておきたい特徴

プロジェクト管理ツールは、そのプロジェクトに関わっているメンバーやそのスケジュールを管理するツールのことです。

もちろんそのプロジェクトのコストやそもそもどのような計画になっているか、さらに進展具合なども管理できます。

上手に活用することによって従来行ってきていた管理作業の効率を格段にあげることも決して不可能ではありません。

また、現在メンバーがどのような作業をしているかということも把握できるようになります。

表計算ソフトなどでもたしかに管理はできますが、その場合、情報を共有するためにはファイルを相手に送らなければなりませんでした。

しかしプロジェクト管理ツールを利用すればどのような状態になっているかをリアルタイムで確認することも可能となります。

もちろんフォーマットを統一することができるので、色々なフォーマットで作成されている時のような修正に時間を費やす必要もなくなります。

 

個人向けとビジネス向けの大きな違い

プロジェクト管理ツールには色々なタイプがありますが、大きくは個人向けと法人向けに分けることができます。

もちろんその状況に合わせて選ぶべきものは変わってきますが、そもそも個人向けとビジネス向けとではどのような違いがあるのでしょうか。

まず違いとして理解しておくべきことは、当たり前ですがターゲットとしている人が全く違っているということです。

個人向けの場合、そのツールを利用する人は個人ということになるので、他の人が一緒になって利用することを前提とはしていません。

反対にビジネス向けの場合は複数の人がそのツールを利用することを全ていとして作られています。

したがって、個人向けの方をビジネスで利用してしまうと、結局は一人ずつ状況を確認しなければならないことになりかねません。

またその設定自体も共有ではなく個別となっているので、利用している人が個人的に変更してしまうこともあり得ます。

だから、なかなか管理ができなくなってしまう可能性が出てくるだけでなく、何より情報の流出などのリスクも伴うため注意が必要です。

その点ビジネス向けの場合は、個人向けのように手軽に利用することはできますが、その情報は一つのところで管理することができます。

だから、個別に設定を変更することはできず、誰が利用しているものでも同じ物ということになるのです。

したがって、同じ情報を共有しやすくなるだけでなく、お互いに同じものを使っているので理解しやすいというメリットもあります。

 

個人向けではなくビジネス向けを利用する理由

実際にプロジェクト管理ツールを利用する場合、たしかに誰もが同じ使い方をし、設定を変更しないのであれば個人向けでもビジネス向けでもどちらでも良さそうです。

しかし実際に仕事をする上で利用するツールに関しては、個人向けではなくしっかりとビジネス向けを用意すべきだと言われることは少なくありません。

せっかく個人向けの方が安い金額で提供してもらうことができるにもかかわらず、なぜビジネス向けの方を利用する必要があるのでしょうか。

実際にプロジェクト管理ツールを利用する場合、ビジネス向けを利用する方が管理機能は充実しており、仕事をする上で便利だと言えます。

またそもそも、ライセンスということから、ビジネスをする上で個人向けを利用することができないという場合もあります。

もし勝手に利用してしまうと、利用規約を守っていないということにもなり、ときには製造元から指摘されたり訴訟を起こされたりすることもあります。

したがって、ビジネスの上でプロジェクト管理ツールを利用するのであれば、やはり個人向けではなくビジネス向けを利用する方が無難です。

 

プロジェクト管理ツールを利用することによってそのプロジェクトを可視化したりすることもできるようになります。

また情報の共有も簡単に行うことができるようになるので、現在では利用するところも少なくありません。

ただ、プロジェクト管理ツールにも個人向けとビジネス向けのものが用意されており、どちらを選ぶべきか迷う場合もあります。

この場合、管理機能の充実や価格などの違いがあるので、仕事の上で利用する場合はビジネス向けを使うべきです。

またそもそも利用規約により個人向けをビジネスで利用することができないとされている場合も少なくありません。

 

サイト内検索
プロジェクト管理ツールランキング!
記事一覧