【2018年最新版】タスク管理やスケジュールを管理するのに便利な「プロジェクト管理ツール」を徹底比較!おすすめランキングでご紹介します!

有料のプロジェクト管理ツールを使うメリットとは?

有料のプロジェクト管理ツールは、大画面でグラフや数値などを確認でき、最新型のクラウド対応のものについては、社内や外出先などでリアルタイムで作業の進捗状況を把握できるというメリットもあります。

また、法人サポートが手厚い業者と利用契約を結ぶことで、ツールの効果的な使い方についてアドバイスをもらうことも可能です。

無料のツールよりもグラフや数値を把握しやすい

有料のプロジェクト管理ツールの中でも、実績のあるIT企業が開発したものについては、無料のツールよりもグラフや数値を把握しやすく、大規模なプロジェクトをスムーズこなすうえで大いに役立ちます。

また、作業のデータの見やすさにこだわってツールを選びたい場合には、評判の良いIT企業の顧客向けのカタログや専用サイトなどを日頃からチェックしておくことがおすすめです。

最近では、IT業界だけでなく、一般企業の間で活用できるツールも続々と登場しており、多くの従業員が携わるプロジェクトも難なく進めることができるようになっています。

なお、ビジネス向けのツールの利用料金は、提供元の方針によって大きな違いがあります。

そこで、導入コストを最小限に抑えるうえで、コストパフォーマンスの良い法人用のツールを扱っている業者の料金システムをきちんと確認してみると良いでしょう。

クラウド対応のツールも増えている

民間企業や官公庁の間で普及が進んでいるクラウド対応の有料のプロジェクト管理ツールは、リアルタイムでプロジェクトメンバーの作業の進み具合を把握できる優れものとしてニーズが高まっています。

特に、最新型の機能が備わっているツールの魅力については、ビジネスやITに関する情報誌などで度々特集が組まれることがあるため、日頃から使い勝手の良いツールの特徴を積極的に調べておくことがおすすめです。

また、クラウド対応のツールの中には、月々の利用料金が高めのものも少なくありませんが、優良業者と長期間にわたり契約を結ぶことで、月々の費用を割引してくれることがあります。

そこで、プロジェクトの内容や従業員の人数に合うツールを見極めるうえで、実際に様々なツールを利用している同業他社の事例に目を通したり、法人サポートが充実している業者の担当者に質問したりすることが大切です。

いざという時にトラブルシューティングを依頼できる

有料のプロジェクト管理ツールを利用する場合には、不具合が生じた時に契約先の業者にトラブルシューティングを依頼できるため、作業の遅れなどのリスクを回避することができます。

特に、優秀なエンジニアが揃っている業者が提供しているツールを導入することで、いざという時にも冷静な行動をとることが可能です。

最近では、様々な業種の法人を対象としたツールの開発を進めている業者が少なくありませんが、継続して同じツールを使い続けるうえで、過去の顧客サポートの良し悪しについてきちんと把握することが大事です。

その他、トラブルシューティングの内容は、それぞれの業者のエンジニアのスキルや経験に大きく左右されます。

そのため、時間を掛けて顧客対応の良い業者の情報を仕入れることがおすすめです。

 

有料のプロジェクト管理ツールは、無料のツールと比べて画面の見やすさや機能性などの点で優れているものが多く、事業の規模や業種によらず、多くの企業の間で普及が進んでいます。

また、最新型のクラウド対応のツールのメリットについては、様々な媒体で紹介されることがあるため、近い将来に導入を考えている場合には、早い時期に必要な情報を集めておくことがおすすめです。

なお、いつでも効果的にツールを使用するうえで、利用料金の安さだけでなく、トラブルシューティングをはじめとするサポートの内容にも注目をして、信頼できる業者を優先的に探すことが肝心です。

サイト内検索
プロジェクト管理ツールランキング!
記事一覧