【2018年最新版】タスク管理やスケジュールを管理するのに便利な「プロジェクト管理ツール」を徹底比較!おすすめランキングでご紹介します!

プロジェクト管理ツールでタスクを管理しよう

公開日:2019/06/15  最終更新日:2019/04/08

タスクの遂行をするのに便利なプロジェクト管理ツールは、最近では多くの会社で導入されています。

プロジェクトを効率的に進めるために、その特徴をよく理解して上手く利用していきましょう。

 

そもそもプロジェクト管理ツールとは?

タスクの進行状況やスケジュールを可視可することで、効率的にプロジェクトを進めるためのツールです。

中には特定の目的に特化しているものや、自動でデータ収集をしたり、リスクを調べたりする機能があるものまであり、目的によってさまざまです。

特にチームで作業を進める場合には、あるかないかで全く違ってくると思います。

 

導入することによるメリットとは?

プロジェクトに関する進抄状況や開始期間、終了期間などの全てのタスクを分かりやすく管理できます。

これによりプロジェクトを計画的に進めていくことができます。

いくつもプロジェクトを進行する場合などに混乱してしまったり、計画があいまいになってしまった場合、それらをチームで情報を共有することができます。

スケジュールなどを統一し、ファイルの受け渡しが簡単に、離れた場所からも行えるというのは大きいです。

さらに、プロジェクトを可視可することでコストを削減したり、効率的にデータ収集したりすることができます。

これは利益面でのメリットがあるでしょう。

ソフトによっては、自動でデータを収集し分析してくれるものもあります。

人間がわざわざ行う手間や時間を考えると、とてもありがたいことです。

事前にどこまでの機能が備わっているのか確認しておきましょう。

これだけのメリットがあると考えると、多くの会社で導入されている理由が分かります。

 

どんなプロジェクト管理ツールを選ぶか

まず、クラウド型インストール型という2種類にわかれます。

クラウド型とは、インターネットに接続して使うものです。

特別な設定が必要ない上、費用や解約などの手間もかからないため比較的簡単に利用することができます。

しかし、利用するにはインターネットに接続する必要があります。

もう1つはコンピューターにインストールすることで使えるインストール型です。

こちらは初期設定や購入費用などがかかってしまいますが、インターネット上で管理するわけではないためセキュリティのリスクがあまりありません。

また、コンピューター自体にデータ保存するため、インターネットに接続しなくても利用できます。

さらに使用目的によって、タスク管理か工数管理、情報共有のどれに特化しているものを使うかが変わります。

一番基本的な機能としてはタスク管理です。

利益を重視するなら工数管理、チームでの効率を考えるなら情報共有が合っています。

また、操作性がいいかや分かりやすいかも大事です。

せっかく導入しても、慣れるのに時間がかかっては効率がいいとは言えません。

トライアル期間があり、お試しで使えるものもあるのでプロジェクトに使用する前に使用してみるのもいいでしょう。

 

簡単にまとめると、プロジェクト管理ツールを利用することで、プロジェクトを効率的に進め、利益を高めることができます。

自分達の利用する環境や主な目的、使いやすさに合ったものを選びましょう。

上手く利用していくことで、大きな効果が得られるはずです。

どんなものなのかよく分からない、本当に効果があるのか不安があるという方もいると思います。

その場合は、簡単に始めることのできるクラウド型のツールを一度試してみて下さい。

特別な知識も費用もかからないため、比較的試しやすいと思います。

 

サイト内検索
プロジェクト管理ツールランキング!
JIRA(ジラ)の画像
記事一覧