【2018年最新版】タスク管理やスケジュールを管理するのに便利な「プロジェクト管理ツール」を徹底比較!おすすめランキングでご紹介します!

アドオンやプラグインが充実しているプロジェクト管理ツールの利便性について

公開日:2019/11/01  最終更新日:2019/10/16

プロジェクト管理ツールは、タスクやスケジュール、チームにチャットなどの管理が行えて共有なども出来ますが、標準されている機能だけでは足りない時もあります。そんな時に便利なのがアドオンとプラグインです。

これは欲しい機能を追加出来るシステムのことで、最初についていない場合でも後から必要なものだけ追加出来ます。

アドオンとプラグインの特徴について

プロジェクト管理ツールにあると便利なアドオンは、ソフトウェアなどをパワーアップさせる新機能追加ソフトのことで普段使っているソフトウェアなどに使うことでより便利で快適になります。使いこなすことで効率化にも繋がりさらにプロジェクト管理ツールが便利になります。

プラグインはソフトウェアに機能を追加するためのプログラムで、例えばスマホだと通話機能にカメラやメール、インターネットなどのプログラムが搭載されていますが、そこへスケジュール管理やゲームなどのアプリを追加するのと同じです。

プロジェクト管理ツールはプランによっても違ってきますが、基本的に柔軟性を維持するために最低限の機能で設計されていて、そのコアとなる部分の状況に合わせてアドオンなどを使い、オリジナルにカスタマイズ出来ます。元ある機能と更に必要なアドオンなどを追加していくことで、自分の理想的な管理ツールにしていけます。

難しく感じますが初心者向けから無料まで幅広く、使い方を覚えれば手軽に取り入れられます。種類も色々あってSNSなどの連携をしたり、サイト作成だとスマホ端末向けにサイトの自働作成や問い合わせフォームなど色々ニーズに合わせて揃っています。

アドオン機能でプロジェクト管理ツールがより活用出来る

プロジェクト管理ツールに役立てるアドオンやブラグインは、大体は単体では機能していなくツールなどの本体のソフトウェアに追加することで初めて機能します。色々な目的に対応している多くの種類があり、使えるプログラムを有効活用してさらにプロジェクト管理ツールをグレードアップ出来ます。

例えばタスク整理に特化したツールでも色々な情報共有アプリやガントチャート作成ツールとの連携なども可能で、現在使っているファイル共有や工数管理などで別のソフトなどを使っていても、これまで蓄積したナレッジや情報を消さないで連携などもさせられます。プロジェクトの規模に関係なくタスク整理が出来て、操作も簡単で年式を問わず使えます。

ツールにはマーケティングプランもあって、主にデザイナーやディレクターが使う事を想定したクリエイティブワークに最適化したものです。Photoshopなどのソフトをプラグインしてソフトウェアの中でタスク管理やコミュニケーションなども出来ます。

プラグインで使える機能の種類について

プロジェクト管理ツールにアドオンやプラグイン出来るものは多くの種類があります。無料で使える管理ツールでボード上のカードをドラッグとドロップで動かしタスク管理をするだけでなく、タスクごとのタグや期限を設定していつまでに誰が何をするかもチーム内で確かめられます。

このツールにも拡張機能が使えるプラグインが色々用意されていて、生産性の計測やガントチャートで進捗管理したりと用途に合わせてカスタマイズが出来ます。 大体のツールではデザイン変更なども行えますが、新たに拡張機能でデザインを変更出来たりします。例えばボタンを挿入したり、見やすいデザインに変更したりすることでより便利になったりします。

また、機能の充実さも重要ですがセキュリティ保護に関しても整備することは可能です。初心者だとつい機能にばかり目がいきますがこれはとても重要です。 プロジェクト管理ツールによって無料で追加出来るものから、有料プランで追加出来るものまで幅広いです。

 

プロジェクト管理ツールの基本的な機能以外に、必要だと感じるソフトウェアなどを新たにアドオンなどをすることでより理想に近く使いやすいツールになります。ただ、追加をしすぎると不具合などが起きる可能性もあるので、必要最小限にとどめておくことも重要です。

サイト内検索
プロジェクト管理ツールランキング!
JIRA(ジラ)の画像
記事一覧