【2018年最新版】タスク管理やスケジュールを管理するのに便利な「プロジェクト管理ツール」を徹底比較!おすすめランキングでご紹介します!

プロジェクト管理ツールとはどのようなもの?


インターネット環境が世界規模で構築されつつある今、規模を問わず企業は国境を越えた事業活動を行うのが、当たり前とも呼べる時代へと突入しました。業種を超えた競争が、年々激化しつつあります。

企業にとって最重要課題の1つが、売上高の拡大に他なりません。売上高が縮小すると利益を計上し続ける事が困難な状況に陥り、そのまま事業の閉鎖や倒産へと追い込まれる可能性があるのです。

マーケット(市場)におけるシェアを確保し続ける為、今最も注目を集めているツールがあります。ライバル社との競争に打ち勝つ為、企業が着々と導入を進めているプロジェクト管理ツールとは一体何なのでしょうか。

プロジェクトを可視化する事が出来る

プロジェクト管理ツールとは、プロジェクト(目標)を効率良く管理する為にも、必要不可欠なものであると言っても過言ではありません。多くの企業では、複数のプロジェクトを同時並行で進めています

プロジェクトは自社の社員だけが、関わって遂行する訳ではありません。他社の社員と協力し、プロジェクトを進めていく場合があります。導入する事によってプロジェクトを可視化し、業務の効率化を図れる点が特徴的です。

スケジュールや進捗状況、タスクの管理だけに絞ったものからリスクの管理、納品する商品(製品)を保存出来るものまで、多種多様なツールが提供されています。

管理ツールを導入する、メリットとは

プロジェクト管理ツールを、導入するメリットは主に4つあります。

まず何より自社や他社、スポンサー等プロジェクトに関わっている担当者の間で、閲覧は勿論の事、簡単に編集を行えるという点です。次に作業内容や蓄積したデータを収集した後、集計・分析しガントチャート等を活用してグラフ化出来るという点にあります。グラフ化する事で社員やスポンサー、経営陣に至るまでプロジェクトの進捗状況というものを、直感的且つ容易に理解出来るのです。更にプロジェクトにおけるタスクのツリー構造を、整理する事が出来ます。

業務の効率化を図る為にも、スケジュール管理は欠かせません。その為にも優先度合、タスク(作業量)の順序を設定しておく事が大切になります。そして複数のプロジェクトの状況を、簡単に可視化出来る点です。対象としているプロジェクトだけではなく、その他のプロジェクトを横断的に可視化する事で、プロジェクトを成功へと導ける可能性が極めて高くなります

Excelと、管理ツールとの違いとは

管理ツールを導入する代わりに、Excelを使ってプロジェクトの管理・運用を行う企業もあります。そもそもExcelは表計算ソフトで、プロジェクトを管理する為のツールとして、開発された訳ではありません。プロジェクトを遂行していくプロセスにおいて、可視化するのが難しかったりプロジェクトそのものが大きくなるにつれ、運用管理が出来なくなると言った問題が生じてしまう恐れがあります。

何より重要なのはプロジェクトの可視化を図り、成功へと導く事です。プロジェクト管理の「質」をより向上化させる、標準化させる為にはExcelより専用の管理ツールを活用した方が、より効率的だと言えるでしょう。これまでプロジェクト管理は、紙面上で行われてきました。進捗状況やスケジュールの管理を、を単にソフトウェアで行うだけでは意味がないのです。対象とするプロジェクトに、管理ツールをしっかりと組み込ませる必要があります。その上でプロジェクトを担う社員、スポンサーをはじめとした関係者の間で共有する事で徹底的に効率化を図り、プロジェクトを成功へと導く必要があるのです。

プロジェクトを管理する為のソフトを、提供している企業は沢山あります。用途やそれぞれの仕様に応じた、機能が付加されたソフトも少なくありません。最も自社にマッチしたソフトを導入する為にも、各社のサービス内容や料金といった違いが一目で分かるように配慮されている、比較サイトをご活用下さい