【2018年最新版】タスク管理やスケジュールを管理するのに便利な「プロジェクト管理ツール」を徹底比較!おすすめランキングでご紹介します!

ガントチャートを簡単に作れるプロジェクト管理ツールの魅力とは

公開日:2019/10/01  最終更新日:2019/07/30

プロジェクトを成功させるには、進捗や全体のスケジュールをしっかり把握し管理を行うことが必須です。

それをサポートしてくれるのがガントチャートと言われる進捗管理ツールで、プロジェクト管理ツールによっては簡単に作れるタイプも多くあります。

ここではガントチャートが手軽に作れるプロジェクト管理ツールの魅力やその機能などについて紹介します。

ガントチャートの意味や目的について

企業のITシステムやWebサービスを開発するときの工程管理で使う表のことをガントチャートと言いますが、これを上手く活用することでプロジェクト内にどのようなタスクがあり、いつまでに何をするべきかもメンバーが簡単に確認出来る状態を作ってムダなく管理出来ます。

縦へタスク、横に日付を入れて各タスクのスケジュールを棒グラフのような形で可視化させ、これでどのようなタスクがあってもいつからいつまでに進めるべきかなど、全体像も容易く把握可能です。

一番の利点はプロジェクトのスケジュールを、表を見るだけで全て確認出来ることです。これをチームのメンバーで共有することで1人1人が方向性を踏まえてから各タスクに効率よく取り組んでいけます。 形式は少し違いますが、工程管理や生産管理の現場でも同様のシートが使われることは多くて、そのときは工程表という名前で使われるのが一般的です。

一見、作成するのは難しく感じますがプロジェクト管理ツールには、簡単に作成が出来る機能も付いています。

無料から有料プランで作成可能なツールもある

プロジェクト管理ツールには限定された人数までなら無料で使えて、簡単にガントチャートが作成出来るだけでなく、エクセルやGoogleスプレッドシートで自作したときと異なり、各タスクの進捗管理の共有や達成率の表示なども同じ画面上で行えるので進み具合もすぐに把握が出来ます。

自分で最初からチャートを作るよりも遥かに簡単で、作成に時間がかけられない時やエクセルが苦手だという場合も使えます。 別の管理ツールだとタスクを1枚1枚カードに書きだして、進捗具合に応じてカードを移動させながら進捗を可視化出来ます。多くのユーザーに使われていて日本でも定評があります。

ガントチャートに特化したツールでなくても、機能の1つとして提供されていて登録したタスクをチャート形式で確認出来ますが、有料になっていることも多いです。 また、とにかく試してみたいときには30日間のお試し期間があって気軽に試すことが出来るツールもあります。日単位や時間単位の管理をしたい場合でも30分単位で作成が出来ます。

他の機能も充実しているツールも多い

プロジェクト管理ツールといっても様々な種類があり、クラウド型でマイルストーンやタスクリスト、当該タスクの完了と未完了の割合、依存関係など詳細を確認出来るガンチャートが作成出来たりします。期限を過ぎた項目は赤く強調して表示を行い、スケジュールの変更調整もドラッグ&ドロップ操作で簡単に出来ます。タスクへカーソルを合わせると詳細が表示されてワンクリックで編集が可能で、Webベースでプロジェクト管理ができる、オープンソースのソフトウェアです。

別なツールではタスク管理やWiki、ロードマップをはじめとした機能もあり、スムーズに管理が出来てオープンソースだと購入費用がかかりません。 中には直ぐに試せるデモサイトがあって、じっくり試してから導入を検討出来て公式アプリを使えばスマートフォン、タブレットでも使うことが出来ます。スケジュール管理も簡単でブラウザーへインストールするだけで手軽に使え、書式を埋めこむように入力すると誰でもすぐに作成出来て効率よく管理が行えます。

 

会社でプロジェクトを進めていくにはチームワークが重要で、コミュニケーションや情報共有の方法は色々ありますがバラバラに管理すると手間もかかり漏れも起きやすいです。全体の状況把握も容易くし、管理の手間を軽くするにもプロジェクト管理ツールを使い、ガントチャートにすればより見やすくなります。

サイト内検索
プロジェクト管理ツールランキング!
JIRA(ジラ)の画像
記事一覧