【2018年最新版】タスク管理やスケジュールを管理するのに便利な「プロジェクト管理ツール」を徹底比較!おすすめランキングでご紹介します!

海外発と日本発のプロジェクト管理ツールの機能の違い

公開日:2019/10/15  最終更新日:2019/07/30

複数人のメンバーでプロジェクトを進めるときや、並行して進めるときに必要なのがプロジェクト管理ツールです。

これには海外製と日本製のものがあり似たような機能もありますが、それぞれ特徴が違っています。

ここでは海外と日本の管理ツールの機能の違いなどについて紹介します。

海外だと日本語に対応していないことも

プロジェクト管理ツールには海外のものも多いですが、一番注意したいのが日本語に対応しているかです。英語だけのツールも多く事前に確認しておかないと、サポートも英語なのである程度英語が使えないと後から苦労をすることになります。

プロジェクト管理ツールによっては無料で使える機能が標準で使えて、例えばタスク管理機能はかんばん方式でプロジェクトの進捗状況を管理出来たり、ガントチャート機能もあります。他にもテーブル表示にダッシュボードやレポート機能など豊富です。

勿論、有料版もあり1人あたり月額料金設定になっていますが、無料版よりも現場のニーズに密着していて使い勝手も良いので大手の企業も導入していることも少なくありません。 小規模なものから大規模まで幅広く仕事の進め方を支援してくれるツールです。

使いやすいタスク管理だけでなくスケジュールやコラボレーション、必要な状況を見やすく表示するダッシュボードやレポートまで搭載しています。大体は外部アプリケーション連携や他のアップが必要だったりしますが、標準で豊富な機能が揃っているプロジェクト管理ツールも少なくないです。

日本製だと簡単でわかりやすい機能が充実

日本製のプロジェクト管理ツールだと、まず全て日本語なのでわかりやすく、言語で困ることがないのでトラブルが起きたときにも直ぐに問い合わせなどもしやすいです。色々な業種で使われていてシンプルで直感的に使えるデザインが特徴で、無料のトライアルもあります。

1つのプラットフォームでチームメンバーの作業状況を細かく共有すると、迅速に進めやすく絵文字やスターを使ったいいね機能や、キャラクターアイコンなどビジネスでも楽しくコミュニケーションを図れる機能もあります。 絵文字やアイコンなどで視覚的なコミュニケーションや、豊富なプランにサイズに合わせて変更なども出来ます。

他にも数名までなら無料で使えて、初めてでも簡単に操作が出来るツールもあり、作業画面はカード形式で管理してラベルを付けて行うので初心者でも安心で全ての端末に対応しています。タスクをドラッグとドロップするだけの簡単操作で、作業の進捗がリアルタイムで見られて、他のアプリとの連携やガントチャート作成、日本語以外では英語にも対応可能です。

どちらでもそれぞれ特化した機能がある

海外や日本でもそれぞれ特化した機能があり、主に3つに大きく分かれています。会社のプロジェクトに合わせてどのツールが必要かで検討出来ます。

タスク管理だと多くあるタスクを把握して進捗状況を見ることで、今やるべきことを知って業務の効率化を図れます。手軽に始めたい時はタスク管理だけでも十分です。

ある製品を作る時にどれくらいの作業量が必要かを算出して、社内全体の作業状況を管理することを工数管理といって、適切に行うと企業の収益性アップを図れます。工数の可視化ではガントチャートなどの工数管理機能が必要です。

チームで仕事をするときには効率よく業務をこなすために、チーム内での綿密な連絡が必須です。会社の情報をチャットで共有したり、Wikiに蓄積したいときは情報共有の機能が欠かせません。 管理ツールは毎日使うので、使いこなせるかは大変重要で、操作性が悪いと学習コストがかかって業務の効率も下がります。使いやすい操作性のツールを選んで、お試し期間があったりするので導入前に一度は試した方が良いです。

 

プロジェクト管理ツールは海外製も大変優れた物も多く、勿論日本製でも有名な企業も導入しているものもあります。海外製では日本語にも対応しているかが重要で、使いこなすときに英語しかないと語学力なども必要となり苦労をします。

サイト内検索
プロジェクト管理ツールランキング!
JIRA(ジラ)の画像
記事一覧