【2018年最新版】タスク管理やスケジュールを管理するのに便利な「プロジェクト管理ツール」を徹底比較!おすすめランキングでご紹介します!

プロジェクト管理ツールは日本語に対応していないのが多い?


多くの企業で導入が進んでいるプロジェクト管理ツールは、国外のIT企業が開発したものが大半であるため、日本語に対応できないものが多くあります。

そこで、スムーズに作業の進行具合を把握するために新しくツールの導入したい場合には、それぞれのツールの対応可能な言語に注目をすることが大切です。

 

国内のIT企業が開発したツールを探してみよう

国内のIT企業が開発したプロジェクト管理ツールの中には、日本語で操作ができるものがあり、英語が苦手なスタッフが多い企業をはじめとして、利便性の良さが高く評価されています。

また、開発元によってはメールやSNSなどを通じてツールの利用者を対象としたサポートを行っているところも多くあり、少しでも操作の仕方やメンテナンスの必要性について迷っていることがあれば、担当者に質問をすることがおすすめです。

最近では、ガントチャートやグラフ、画像など様々な機能が初期段階から使いこなせるツールも登場しており、複雑な作業が必要となるプロジェクトにおいても大いに活用することができます。

なお、ツールの種類によって使用できる機能の種類や扱いやすさなどに違いがあるため、ニーズに合うものを導入するうえで、ライバル企業の事例をチェックしたり、信頼のできる開発元に相談をしたりすることがおすすめです。

IT系でよく使われる英単語を覚えることも大事

国外の企業から提供されているプロジェクト管理ツールは、英語で操作を行わなければならないものがほとんどであるため、作業の管理をスピーディーに行うために、基本的なIT系の英単語をマスターすることが大切です。

大手の企業が扱っている有料のツールの中には、カスタマーサービスを通じて日本語でアドバイスを受けることができるものもあり、ビジネスシーンで役立つものを選ぶにあたり、提供元のサポートの充実度をしっかりと確認すると良いでしょう。

最近では、国内に出回っているツールでよく使われる英単語について網羅された書籍や情報サイトも増えており、少しでもツールの機能を上手く使いたい場合には、早いうちから勉強を始めることがポイントです。

なお、ツールによって使用可能な機能やコストなどに差があるため、慎重に希望条件に合うものを選ぶことが大事です。

人気のツールの対応可能な言語に注目しよう

プロジェクトの管理を効率よく行えるツールの特徴を調べるうえで、対応可能な言語に注目をすることがとても大切です。

特に、英語で操作を行えるツールについては、国内外でニーズが高まっており、初歩的な英語を覚えることで、初心者であってもプロジェクトの管理を簡単に行えるものもあります。

また、ツールの基本的な操作方法を身に着けるためには、数週間から一か月程度の時間が掛かることがあります。

そこで、無理なく魅力的な機能を使いこなすために、ネット上で相談の受付を行っているところや、導入企業へのアフターフォローがしっかりとしているところと利用契約を結ぶことがおすすめです。

その他、対応可能な言語の数の多いツールについては、世界中で人気が高まっており、ビジネス誌などでも度々紹介されることがあるため、定期的に魅力のあるツールのメリットを確認しておくと良いでしょう。

プロジェクトの管理を効果的に行ううえで、様々な事業に対応できるツールを導入することがおすすめです。

特に、多言語対応のツールについては、多くの企業の間で普及し始めており、プロジェクトの進捗状況を把握するために不可欠なものとなっています。

また、現在においても英語以外の言語に対応していないツールも多くあり、様々な機能をビジネスで積極的に活用をしたい場合には、必要に応じてITの現場でよく使われる英語をマスターすることが大切です。

なお、ツールの導入方法について迷っている場合に、希望の言語で相談に乗ってくれる提供元を探すことも大事なポイントです。