【2018年最新版】タスク管理やスケジュールを管理するのに便利な「プロジェクト管理ツール」を徹底比較!おすすめランキングでご紹介します!

プロジェクト管理ツールのクラウド型とインストール型の違いとは?


プロジェクト管理ツールのクラウド型とインストール型は、導入コストや機能、安全性などの点で違いが見られます。
また、長期のプロジェクトをこなすためには、従業員の負担を軽くするために、操作のしやすさにもこだわってツールを選ぶことが大切です。

 

セキュリティにこだわるならインストール型がオススメ

インストール型のプロジェクト管理ツールは、専用のパッケージを購入するためのコストが掛かりますが、セキュリティの面で優れているものが多く出回っており、業務を進めるうえで様々なリスクに対応をすることができます。特に、社員の氏名や経歴などの大切な情報を外部に漏らさないためには、セキュリティ対策が充実しているツールを優先的に選ぶことが何よりも大切です。

また、セキュリティに関する機能が充実している製品の数も年々増加しており、少しでも安全性を高めたい場合には、余裕を持って複数の業者が提供しているツールの特徴を比較しておきましょう。なお、それぞれの企業内で必要とするセキュリティのレベルについては、素人にとって判断しかねることがあるため、場合によってはプロのエンジニアが揃っている業者に相談をするのも良いでしょう。

 

利便性の高さならクラウド型のツールをチェック

クラウド型のプロジェクト管理ツールは、インターネットの利用環境さえ整っていれば、社内だけでなく屋外でも作業状況のチェックができるという利点があります。また、最新の機能を使うためにアップデートをする必要が無いため、パソコンが苦手な人でも常に快適な機能を使いこなすことができます。

最近では、リーズナブルな定額制のツールも登場しており、余計なコストを省きたい場合には、プロジェクトの規模や社員の人数などに応じて、利用価値の高いツールを探してみると良いでしょう。なお、ツールによって使用できる機能の種類や操作方法などに大きな違いがあります。そこで、希望通りのツールを見極めるうえで、導入前に評判の良い製品の説明書きに目を通したり、専門の業者のカスタマーサービスに相談をしたりすることがおすすめです。

 

月々のコストにこだわってツールを選ぶポイント

プロジェクトの管理に活用できるツールを選ぶにあたっては、様々な種類のツールの月々のコストに注目することがとても大事です。例えば、家電量販店や通販ショップなどで購入できるツールについては、維持費が掛からないというメリットがあります。

一方、クラウドサービスを利用してプロジェクトの管理を行う場合には、継続的に料金の支払いが必要となるものの、市販品にはない魅力的な機能を使うことができます。なお、ツールの機能性によって将来的に掛かるコストに大きな差が出るため、余裕を持ってビジネスシーンで役立つツールの料金システムについて調べておくことが肝心です。

 

プロジェクト管理を効率化するためにツールの導入を考えている企業の数は年々増加していますが、プロジェクトのテーマや社員のパソコンのスキルなどに応じて、導入すべきツールをじっくりと見極めることが大切です。また、ツールの種類によって導入後のコストに大きな違いが出るため、複数の業者が扱っているツールの特徴を理解しながら、予算内で優れた機能を使えるものを探してみると良いでしょう。
なお、民間企業の中で広く普及しているツールの中には、初期費用だけで済むものから一定のランニングコストが必要なものまで出回っています。そこで、早いうちから多くの企業のツールの導入状況を参考にしたり、法人向けのサポートを行っている業者のカスタマーセンターを利用したりすることがおすすめです。その他、プロジェクトが完結するまでに長い時間を要する場合には、それぞれのツールに搭載されている機能を比較しながら、使い勝手の良さを重視してツールを選ぶことがポイントです。