【2019年最新版】タスク管理やスケジュールを管理するのに便利な「プロジェクト管理ツール」を徹底比較!おすすめランキングでご紹介します!

アプリで使用できるプロジェクト管理ツールの魅力ポイント

公開日:2020/01/01  最終更新日:2019/12/24

複数の人が関わる仕事をする場合には管理することが重要です。このためパソコンが会社や組織に導入されたさいの活用方法としてプロジェクト管理があり、それらを使うことでプロジェクトの概要や進捗状況などを知ることができ、それぞれ関わる人達が情報をインプットすることで仕事をスムーズに行えます。

プロジェクト管理ツールに求められる機能

プロジェクト管理ツールを導入する前に考える必要があるのが、その求めるべき機能です。

基本的には、仕事を円滑に行うための情報ツールとして用いるものですが、求められる機能はタスク管理や工程管理などがあり、そのほかメッセージ管理やスケジュールの共有などがあります。 プロジェクトの目標を定めて、それらが完成するまでの工程を立案しそれに沿って仕事ができるように調整することが求められるものです。

しかし、現実には目標が必ずしも最初に立案した通りに行くとは限りませんから、急な仕様変更に対応できることも必要ですし、参加する人たちの情報がインプットしてもらわなければ、その管理ツールの機能を果たせません。そのため使いやすさなども重要になります。

また行うべき仕事の優先度がわかるようにしなければ進捗状況を進めることができなくなりますから、それらを考慮した情報や指示の提供を与えることができるかが、管理ツールとしての役割といえるものです。

導入するために必要なものと準備

プロジェクト管理ツールそのものは、現在では簡単に導入することができます。インターネットにあるサーバーを通じてサービスを提供するクラウドの仕組みを利用したものが現在のサービスのほとんどとなっており、多くの場合にはブラウザを使って利用することができるためです。

このためインターネットに接続されたパソコンなどの情報端末があれば導入ができるもので、実際に現在の事務仕事ではパソコンが必須のツールとなっていますから、それらを利用して導入できます。

一方で、近年増えているのがアプリを利用したものです。スマートフォンやタブレットの場合にもブラウザを通じてプロジェクト管理ツールを使うことは可能ですが、もともと限られた画面の中で情報を提供するためパソコン用のものでは使い勝手が悪いものです。

そこでスマートフォンやタブレットなど小さな画面でも使いやすくカスタマイズしたアプリがあり、それらを使って行うことで効率よく使うことができます。

アプリで使うスケジュール管理ツールのメリット

アプリを使ったスケジュール管理ツールのメリットは、タップするだけで画面が起動することができるほかプッシュ通知など能動的な機能を備えていることです。ブラウザで見るだけの場合には、そのサイトにアクセスしなければ情報は提供されませんが、アプリであればタスク上で起動していれば新しい情報を通知する機能があり、急な問題に対してもいち早くプロジェクト参加者に知らせることができます。

またスマートフォンのデータ通信機能を使えばどこからでも利用することができるので、外出中にも情報を確認することができるメリットがありますし、情報のインプットに関してもいつでもどこでも行えるので入力のし忘れを防ぐことも可能です。

それにプロジェクト管理ツールでは、特定のキーワードを用いて進捗状況を報告することによって、多言語にも対応することができるメリットがあり、日本語以外の言語圏の人ともスムーズに意思疎通がすることができるものです。

 

プロジェクト管理は、仕事をする上で欠かせないものですが、現在ではアプリを使ったプロジェクト管理ツールを使うことで、より効率的に行うことができます。またクラウドサービスで利用することで、費用を抑えて容易に導入することが可能です。

サイト内検索
プロジェクト管理ツールランキング!
JIRA(ジラ)の画像
記事一覧