【2018年最新版】タスク管理やスケジュールを管理するのに便利な「プロジェクト管理ツール」を徹底比較!おすすめランキングでご紹介します!

目的によってプロジェクト管理ツールを変えた方がいい?

公開日:2019/06/01  最終更新日:2019/04/08

一言でプロジェクト管理ツールと言っても、さまざまな種類があります。

特徴や違いをしっかりと理解して、会社の目的に合ったものを使っていきましょう。

 

プロジェクト管理ツールとはどんなもの?

タスクの可視可などの機能により、プロジェクトを進めるのを助けてくれるツールのことです。

タスクというのはプロジェクトの進抄状況や開始予定、終了予定などの情報のことです。

あるのとないのでは、効率面や利益面に大きな違いが出てしまいます。

そのため最近では、非常に多くの会社で導入されてきているのです。

 

どんな種類や機能の違いがあるのか

では、いったいどのような種類があるのでしょうか。

まず、クラウド型インストール型という2種類にわかれます。

クラウド型というのは、インターネット上で利用できるもののことです。

費用が安価で済み、特別な設定が必要ないため、比較的導入しやすいというメリットがあります。

しかしインターネットを利用するため、インターネットに接続していないと使うことができません。

一方インストール型というのはコンピューター自体にインストールすることにより使えるものです。

初期設定などにある程度の知識が必要になり、料金もかかってしまいます。

しかし、インターネットに繋がなくても利用することができるため、出先やその移動中でも使えます。

また、コンピューターの中にデータを保存するため、セキュリティ上でのリスクがありません。

これが形式による種類です。

機能面では、タスク管理に特化したものや工数管理に特化したもの、情報共有に特化したものなどがあります。

タスク管理は最も基本的な機能ですが、その分重要です。

工数管理というのは、必要な作業量や社内全体の作業状況を管理するものです。

これは利益面でのメリットが大きいでしょう。

最後に情報共有は、チーム内での情報を共有し統一することができます。

簡単にファイルを受け渡したり、常に同じ情報を確認したりできるため、人数が多くなる場合などに便利です。

さらにクリエイティブ機能などの専門分野に特化したり、リスク管理の機能があるものなどがあります。

その他にも、利用するのにかかる手間や使いやすさがそれぞれツールごとに違ってきます。

具体的には、画面が見やすいかどうか、機能が使いやすいかや操作しやすいかなどです。

 

使用するプロジェクト管理ツールを変えるべきか

当然使用する目的によってツールを選ぶべきでしょう。

インターネット環境が整っていないのにクラウド型を利用したり、費用や手間をかけたくないのにインストール型を使うのでは不便です。

また、使いやすさや機能のわかりやすさなども意外と重要です。

慣れるのに時間がかかったり、機能を完全に使いこなせなかったりするのでは、効率がいいとは言えません。

会社にあったより専門的なツールがあるという場合は、それを選ぶことで必要な機能が利用できるでしょう。

最大限に効果を発揮させるためには、目的に合ったものを選ぶ必要があります。

もし、どうしても決めることが難しいという場合は、導入しやすいクラウド型を試しに使ってみるのがいいかもしれません。

 

簡潔にまとめると、さまざまな種類があるため、使用目的に合ったものを選ぶべきです。

会社としてはどれだけ効率良く、利益を増やして行くことが、プロジェクト管理ツールを導入する目的でしょう。

そのためには、特徴を理解して適切なプロジェクト管理ツールを利用することが非常に大切になります。

無料のトライアル期間があるものもあるため、プロジェクトを始める前に試してみるのもいいかもしれません。

 

サイト内検索
プロジェクト管理ツールランキング!
JIRA(ジラ)の画像
記事一覧