【2018年最新版】タスク管理やスケジュールを管理するのに便利な「プロジェクト管理ツール」を徹底比較!おすすめランキングでご紹介します!

プロジェクト管理ツールの活用例とは

公開日:2019/02/15  最終更新日:2019/01/10

プロジェクト管理は重要な要素で、日々のプロジェクトを適切に管理するため、プロジェクト管理の専門ツールを導入している企業が多くあります。

いろいろな活用例があり例えば業務工数を軽減し、効率化に繋げることが可能です。

最終的に商品やサービスなどの品質を向上するためには重要になるでしょう。

 

業務の一元管理を行うことができます

いろいろな種類のプロジェクト管理ツールがあり、無料のものや有料でツールを利用することが可能です。

目的や仕様・用途などに応じてさまざまな機能が付加されており、自分に合ったソフトを選択することができます。

従来はExcelを利用してプロジェクト管理が行われていました。

簡単な計算方法などを使ってシートを作成し、うまく運用している人もいるでしょう。

Excelは便利なソフトなので、自作のプロジェクト管理として利用することが可能です。

近年プロジェクト管理の専用ツールを導入している人が多くいますが、いろいろなメリットがあります。

例えば業務工数を削減することができることや、業務を効率化することが可能です。

最終的には品質が向上するよう一元管理することができるでしょう。

いろいろな目的がありますが、プロジェクトを遂行する時に起きるだろう問題やさまざまなメンバーを管理することが可能です。

情報の雑多化を予防することができるなど、システムを利用することによって業務の一元化を行うことができます。

いわゆる業務の見える化を推進することができ、Excelでも管理することができるのですが、業務の見える化を推進するにはやや力不足かもしれません。

 

実績データを分析するのに非常に便利です

プロジェクト管理の専門ツールを利用することによって、業務の見える化を推進することができるのが大きな魅力です。

自分たちで作成するという方法もありますが、専門ソフトを活用するのが効率的です。

いろいろなツールがあり、例えばスケジュールを把握し、進捗などを管理することができます。

タスクだけに絞った管理を行うことや、リスク管理も行うことができるでしょう。

中にはサービスや商品情報などを保存することができるツールもあるので、業務を一元管理することが可能です。

基本的な機能として、例えば作業量のツリー構造を定義し、整理することができます。

作業量の順序や優先度合などを設定することによって、スケジュールを管理することが可能です。

スケジュールをチャート化することができ、いろいろなグラフに表現することによって進捗状況をすぐに把握することができ編集することができます。

実績データや作業した内容を適時収集することができ、集計や分析業務に便利です。

担当者毎にプロジェクトの進捗具合を閲覧することができることや、簡単に編集することができるでしょう。

複数の案件状況も見えるのですぐにチェックすることができ、いろいろな要素が関係している案件に関して横断的に確認することができるので便利です。

 

業務改善によってコストを削減することができます

従来スケジュール管理や進捗管理に関して、主にExcelが利用されていました。

確かにExcelでも管理運用することができますが、プロジェクト管理ツールを利用した方が効率良くデータを活用することができるでしょう。

業務の見える化を図ることにおいて重要なツールになるので、いろいろなメリットがあります。

従来のように紙面で進捗管理を行っていると、改訂作業の手間や時間がかかり、最新版がどれなのか分からなくなるリスクもあるでしょう。

うまくプロジェクト管理ツールを利用することによって、コストを抑えることができ、最新の情報をみんなで把握することが可能です。

関係者の間で共有することにより業務を効率化することができ、プロジェクトの早期成功に繋げることができます。

 

プロジェクト管理ツールを利用することによって、業務スケジュールや進捗状況などを管理することができます。

業務の見える化を行うことができ、一元管理することができるでしょう。

最新の情報を把握することができ、コスト削減にも繋がります。

サイト内検索
プロジェクト管理ツールランキング!
JIRA(ジラ)の画像
記事一覧