【2019年最新版】タスク管理やスケジュールを管理するのに便利な「プロジェクト管理ツール」を徹底比較!おすすめランキングでご紹介します!

プロジェクト管理ツールで実現できる工数管理の見える化とは?

公開日:2019/12/15  最終更新日:2019/11/13

何かのプロジェクトを任された時に、プロジェクト管理ツールを賢く利用することで、頭の中がスッキリと整理されスムーズに業務を遂行していけるようになります。

工程の遅れや問題点にも早めに気が付くことが出来るので、問題を事前に防ぐことにも繋がることでしょう。上手にツールを活用して、効率良く仕事をしていきましょう。

まずはマイルストーンを設定しよう

プロジェクト管理ツールを活用していく際には、まずそのプロジェクトの開始日、終了日、キーポイントとなる業務の日付などをマイルストーンとして設定していきます。

ここは絶対に外せないという要素をあらかじめ設定しておくことで、その後の工数管理がしやすくなります。業務が終了したら各マイルストーンがチェックされていきますので、自分の現在地点も、より見える化され、まさに目的地までのナビゲーションシステムを活用しているような体感があります。

いつまでに終わらせるのかも設定していますので、あとどのくらいの時間でどれだけの業務をすべきかも明確になり、工数管理が簡単になります。表やグラフとなって視覚情報として一瞬で頭に入ってくるので、とても分かりやすく間違いもなくなることでしょう。

このマイルストーン設置作業は、大変重要なポイントですので、間違いのないように設定する必要がありますし、プロジェクトの途中で都度見直すことも大事です。

複数プロジェクトの管理も見える化で簡単に

同じ会社内で複数のプロジェクトが同時進行していることも多いのではないかと思いますが、そんな時でもプロジェクト管理ツールを活用すれば、複数プロジェクトを同時に見える化することが可能ですので、工数管理やリソース管理がとても容易になります。

どんな会社や団体も、限られた要員や資源を駆使して最大限のパフォーマンスを実現しなければなりませんから、人の配置や活用を上手に行っていくことが大変重要です。ですから、プロジェクト管理ツールを活用していくことが今後はさらに求められていくことでしょう。

また、ツール内に結果やデータとして残ったものを分析して、今後の業務改善にも活用することが可能です。何事もすぐに上手くいくものではありませんが、失敗体験も含めて経験から学び、より良くしていくことが出来るのではないでしょうか。そんな成長する会社のために、プロジェクト管理ツールの活用は大きく貢献してくれるものだと言えるのです。

どのプロジェクト管理ツールを選ぶべきか

プロジェクト管理ツールの有用性はよく分かっているのだけど、沢山あるものの中からどれを選べばいいのかが分からないという場合には、専門家の意見を参考にしてみてもいいでしょう。様々なツールを比較して、その特徴を説明しているサイトなども多々ありますから参考にしてみてください。

多くの方に評判が良いのはやはり、しっかりとしたサポートがついているプロジェクト管理ツールです。せっかく良い機能が付いていても、最初はなかなか使い方が分からないものです。使いたい機能を使いこなしていくためにも、操作性が良くサポートが手厚いツールがおすすめです。

一般的にお試し期間を設けているものが多いので、まずは使ってみて判断するということでも良いでしょう。自社の業務にマッチした最適なプロジェクト管理ツールを選ぶことが大切です。グローバルに多数の国にまたがるプロジェクトをしているのであれば、多言語対応が可能なことも必須になってきますね。

 

このように、プロジェクト管理ツールを活用することで、プロジェクトマネージャーの仕事が大変効率よく実行出来るようになるのです。そして自社の業務にマッチした使いやすいツールを選択することも重要です。どんどん業務を見える化して効率よく仕事をしていきましょう。

サイト内検索
プロジェクト管理ツールランキング!
JIRA(ジラ)の画像
記事一覧