【2018年最新版】タスク管理やスケジュールを管理するのに便利な「プロジェクト管理ツール」を徹底比較!おすすめランキングでご紹介します!

前へ
次へ

プロジェクト管理ツールランキング!

これからの時代、プロジェクト管理ツールは必須です

情報が多様化、高度化した現代において、これまでのようなプロジェクト管理法では限界がきていると言われています。事実、インターネットをフル活用した経営戦略やタスク管理を行うことができていない企業は、自分たちよりも小規模な企業にすら追い抜かれ、市場から退場せざるを得ない羽目になっているのです。

もはや、どの企業もプロジェクト管理ツールを導入する時代となってきているのではないか。極論とみなされるかもしれませんが、私個人は強くそう思っています。ですので、このサイトを通じて、プロジェクト管理ツールの必要性をアピールしたいとも考えているのです。

とは言え、プロジェクト管理ツールにはかなりの種類が用意されています。国内外におけるさまざまな企業が、あらゆる形式の管理ツールを多数リリースしているのです。これらには一見大きな差がないように思えますが、それは大きな間違いです。いわゆる「優れたツール」と「優れていないツール」の差はかなり激しく、それだけでプロジェクトの成否を分けるかもしれないのです。

このサイトでは、そんなプロジェクト管理ツールの中でも特に評判のよいもの、広く使われているものを5つ、ランキング形式で紹介しています。

プロジェクト管理ツールランキング一覧!

分かりやすさと便利さを両立した管理ツールの草分け「Taskworld」

プロジェクト管理ツールランキングの選考にあたっては、なかなか苦労させられました。プロジェクト管理ツールの数が多いというのもその原因のひとつでしたが、いかんせんまだまだ日本においては馴染みのあるものではなく、情報の収集にかなり苦労させられたというのが、大きな要因でした。

しかしその中でも、ひときわサービスクオリティに優れているプロジェクト管理ツールを見つけることができたのです。それが、今回1位に輝いたタスクワールド・ジャパンの提供している「Taskworld(タスクワールド)」です。

日本ではまだまだ知名度はそこまで高くありませんが、それでも日本人なら誰もが知っている有名広告代理店やSNS・アプリゲーム制作会社を含む、国内外のメジャー級企業が続々とこのツールをプロジェクトに導入しはじめています。導入事例を見てみると、SamsungやNetfiix、AmazonにRocheといった日本においてもその名前が知られている有名企業がこのTaskworldを取り入れているのです。

大手企業へは日夜さまざまな企業が自社開発のプランやシステムの導入プレゼンを行っていますが、そういった企業の導入審査は非常に厳しいものがあり、なかなか首を縦にふってくれません。それにも関わらず、多数の大手企業導入実績があるということは、それだけ優れたツールであるということなのです。

一体なぜ、ここまで高い人気を誇っているのか。それはひとえに、ユーザーインターフェースを重視しているからにほかならないのです。システムはユーザーインターフェースひとつでその価値が大きく変動してしまいます。いくら先進的な機能を取り入れているからといっても、インターフェースが使いやすく設計されていなければ、たちまち無価値なものになってしまう危険性もはらんでいると言えるのです。

このTaskworldは他社ツールに勝るとも劣らない新システムや機能を採用しつつ、「使いやすさ」を最大限に考えたユーザーインターフェースを作っていますから、ここまで支持されるのです。

21言語に対応!少人数によるチーム業務におすすめ「Trello」

今回プロジェクト管理ツールのランキングを作成するにあたって、本当にさまざまなツールをお試しでDLしたり、問い合わせを行ったりしました。その中には優れた品質のプロジェクト管理ツールも決して少なくはなかったのですが、1位にランクインしたTaskworldと比較してみると、どうしても見劣りしてしまったのです。

その中のひとつが2位にランクインした「Trello(トレロ)」です。Trelloがリリースされたのは7年前の2011年ですが、現在では100万人にものぼる数多くのユーザーを獲得しており、さらなるユーザー獲得のため21言語への対応が行われています。もちろん日本語版も存在し、日本版公式サイトから利用することが可能です。

このTrelloは一体どのような企業に使われているのか。公式HPを見てみると、中には非常に有名なサービスや事業を展開している大手企業の名前も見えます。PhotoshopやIllustratorなどクリエイターの必須ツールを開発しているAdobeや、世界中の検索エンジンを一挙に手掛けるGoogle、クラウドファンディングの最大手Kickstarterなど、誰もが知る会社がこのTrelloを使っているのです。

このような企業の名前を見てみると、どちらかと言えばWebサービスを取り扱っている企業から高い人気を獲得しているようです。国内ユーザーに関しても調べてみましたが、伝統ある大手企業よりも、Webサービスを手掛ける中小企業やベンチャー企業にて広く使われているようでした。

Trelloも日本国内で展開している多くのプロジェクト管理ツール同様、無料登録を行うことによって利用することができるようになっています。ただしこのままでは機能が制限されてしまうので、フル活用するとなれば有料プランへのステップアップが必要不可欠です。

シンガポール発の無料でも使える進行管理ツール「Jooto」

ランキングの中間とも言える3位へのランクインを果たしたのは、「Jooto(ジョートー)」というプロジェクト管理ツールです。

プロジェクト管理ツールについて多少知識があるという方でもあまり聞いたことがないという名前かもしれませんが、このJootoは、シンガポール産の海外ツール。Jootoというあまり聞きなれない名前も、ひょっとするとシンガポールの言葉なのかもしれませんね。そして興味深いことに、日本で同ツールを展開しているのは、株式会社PRTIMESというプレスリリース配信専門会社。

プレスリリース配信専門会社が展開しているだけに、このJootoは他のツールに比べ、オンライン上のメディア戦略を積極的に展開しており、さまざまネットメディアにて紹介、解説されてきた実績があります。掲載紹介されたメディアの一部を紹介させていただくと、大手ポータルサイトの「Yahoo! Japan」や「日経PC21」、「SPA!」や「ボクシル」などなど、そうそうたる顔ぶれです。他のツールとは違い、ITツール開発専門会社ではないため、オンラインにおける宣伝活動におけるスピード感を、ITツールの優劣を決める上で最も大事なポイントの一つである、バグやシステムの不具合の修正等の実際のサービス運営面でも見ることができるか、少し懸念に思ってしまいます。

プロジェクト管理ツールというのは続々日本に進出してきており、かなり競争が激しくなってきています。そうしたライバルとの競争を優位にする上で、こうしたメディア戦略を積極的に行っているのでしょうね。(その割には、それほど知名度は高くなっていないようですが……。)

このJootoに目をつけたクリエイター、デザイン業界の方は少なくなく、有名な方が使用しているということを公式HPにてアピールしています。そのメンバーは、日本ディレクション協会会長である中村健太さんや株式会社LIGのメディアディレクターであるツベルクリン良平さん、株式会社オークファンのビジネスアーキテクト事業部部長である原田豊博さんなどなど、第一線で活躍しているそうそうたるメンバーとなっています。

このように、日本国内においても積極的にマーケティングを行っていこうというJooto。ひょっとすると、これから流行していくかもしれませんね。

中小企業に向けた利便性の高さが魅力的なツール「Wrike」

このランキングの4位にランクインしたのは、同名の企業が開発販売しているプロジェクト管理ツールの「Wrike(ライク)」です。このツールがリリースされたのは2007年であり、ほかのプロジェクト管理ツールと比較すると、わりと古くから提供されています。

Wrike自身も2006年に設立された若い会社ではありますが、その実績には目を見張るものがあります。カルフォルニアサンティエゴに本社を持つこの企業は、世界130カ国に顧客を有しており、また世界中に500人もの有能なスタッフが存在しています。Wrikeはそうした中で世界中のSMB顧客やチームと密接なコミュニケーションを図り、現在も着実に業績を伸ばし続けているのです。

そんなWrikeが提供しているプロジェクト管理ツールである「Wrike」も、また数多くのユーザーから支持されています。Wrikeを導入している会社がどのぐらいあるかというと、実に17000社。人数に換算すれば、実に数百万人を超えるユーザー数となるでしょう。

Wrikeはアメリカ合衆国および北米では特に支持率が高く、数多くの表彰を受け取っています。Forerster社からは「エンタープライズ コラボレイティブ作業管理の大手」と、Deloitte社からは「北米で最も急速に発展している企業」、G2Crowd社からは「最良のプロジェクト管理ソフトウェアの大手」、そのほかにも「プロジェクト管理のフロント ランナーのリーダー」「ベイエリアで一番の職場」などなど、さまざまな形で表彰されています

このWrikeはアメリカやヨーロッパの大企業でも使用されているようですが、ユーザーとしてはどちらかと言えば中小企業がよく利用しているようです。このツールは利便性の高さに重点が置かれており、それが臨機応変さを重視している中小企業との相性が良いのでしょうね。

オーストラリアシドニー発、5万もの企業が利用「JIRA」

いよいよこの「プロジェクト管理ツール」ランキングも最後となりました。5位ともなってくると、どうしても1位の管理ツールとは使いやすさの面から差が開いてしまいますし、看過できない欠点も見え隠れしてしまいます。それでも、いくつか優れた特徴を持っているツールはありますし、端末に悪影響を及ぼしかねない低品質なツールを使用するよりはマシでしょう。

このランキングの5位にランクインしたのは、オーストラリアはシドニーに存在しているアトラシアン社が開発した「JIRA(ジラ)」です。この会社に関してはユニークなエピソードがあり、このツールの名前の由来がなんとあの「ゴジラ」だと言うのです。ゴジラは世界中でも有名な怪獣ではありますが、それがプロジェクト管理ツールの名前として使われているのは、なかなか面白いですね。

このJIRAはオーストラリア発のツールではありますが、すでに5万もの企業で使われているとされています。その具体的な企業名についてはほとんど解説がなされていないため、実態についてはわかりかねますが、もしこれが本当だとすればなかなかの数字であると言えるでしょう。もし、1つの企業の中で5人がこのJIRAをプロジェクト管理ツールとして利用していたと考えても、実に25万人が利用しているという計算になり、これはユーザー数としてはかなりのものです。

しかし、やはりどのような企業が利用しているのかということが分からなければそのメリットも把握しかねるので、できれば公式HP上に公開してほしいものではありますね。(さらに調べてみたところ、「airbnb」や「Gopro」といった企業が利用しているようです。)

このJIRAも、ほかの数あるプロジェクト管理ツールと同様、無料でのトライアルが実施されています。しかし、その概要がなぜか公式HPにも詳しく書かれていないため、どうも利用しづらいのが欠点ですね。

アナログなプロジェクト管理はもはや「化石」?

はじめまして、私がこのサイトの管理人です。普段は都内にあるそれなりに規模の大きいシステム開発会社にて仕事に従事しており、大手企業との提携実績もあります。そのような私が一体なぜ、このようなプロジェクト管理ツールを作ることになったのか、その理由を端的に述べれば、きっかけとなった出来事があったからでしょうか。

先ほども申し上げたとおり、私が勤めているのはシステム開発の会社ではありますが、いかんせん社内で利用するシステムは他企業に比べ、かなり遅れをとっていました。特にプロジェクトの進行やタスク管理においては、未だに紙の書類を多数必要とするアナログな方法がまかり通っていたのです。私としても「このままだとまずいかな」と考えつつも、「まあ今すぐ変えなくても大丈夫だよね」とついつい先延ばし先延ばしでなあなあにしてきました。

そういった状況に変化の兆しが見えはじめたのは、数年前のことです。その日はとある大手のエンターテイメント関連企業がわが社に興味を持ち、直々に社内へとやってきたのです。その方は業界内でも高い知名度を持つ「カリスマ」的な人物であり、なんとかこの方に気に入られなければと社内一同考えていました。

問題が起こったのは、その方が唐突に「仕事風景を見学したい」と言い出したことがきっかけでした。わが社は社内の清潔さには自信がありましたし、断ることもできないのでその方をオフィスへと案内したのです。ところがその方はオフィスへ入るなり、プロジェクトのとある内容について書かれた紙を見つけ、それをまじまじと見つめた後、このように言い放ったのです。「ここまで時代遅れな企業に仕事は任せられない」と。

その方が帰った後、一体何がいけなかったのか我々はしばらく分かりませんでしたが、やがてそのプロジェクトの進め方、管理の仕方に問題があるということを理解しました。我々のやっていたことは時代遅れどころか、「化石」だったのです。このままでは、会社全体が化石になってしまう。そのような危機感を覚えた我々は、プロジェクト管理のデジタル化を検討。すぐさまプロジェクト管理ツールの導入を進めるようにしました。

プロジェクト管理ツール選びの苦労から、このサイトを作りました

ところが、ここからが本当に大変でした。プロジェクト管理ツールというのは、我々が想定していた以上にたくさん存在しており、なおかつその違いは一目で分からなかったのです。ここで、適当なツールをダウンロードすることはできない。なんとしても優れたプロジェクト管理ツールを導入したかった我々は、とにかくありとあらゆるプロジェクト管理ツールに関する問い合わせや、トライアルのダウンロード、そのほかさまざまな手段を用い、情報の獲得に腐心しました。

その結果、我々はとあるひとつのプロジェクト管理ツールを導入することに決定したのです。そのツールは海外企業のものでありながら日本版のサービスがすこぶる優れており、ネットになれていない人間でも使いやすい視覚的配慮がなされている一方で、多種多様な機能が実装されていました。

このツールを導入したことにより、プロジェクトの進行具合は大きく上昇。ミスもなくなったばかりかスピードも飛躍的に向上しました。これによって、わが社の業績は大幅にアップしたのです。

この一連の出来事から、私はデジタルシステム導入の必要性、そしてプロジェクト管理ツールの重要性について痛感させられました。それをもっと多くの方に伝えたいと考え、このサイトを作ったのです。

このサイトに掲載している情報は、私が独自の方法で集めたものであり、他のサイトとは大きく異なっています。きっと、皆様のプロジェクト管理ツール選びのお役に立てることでしょう。

プロジェクト管理ツールは本当に大きな差があります

「プロジェクト管理ツールなんて、どれを使っても同じでしょ?」そのようなことを知人や部下、取引先など非常に多くの方から言われました。ですが、それは大きな間違いです。プロジェクト管理ツールというのは、その会社によってかなり大きく異なってくるものなのです。そのことについて、この項目で解説していきましょう。

まず、多くの低品質なプロジェクト管理ツールが陥ってしまっているのが「日本語化」です。現在、国内にてリリースされているプロジェクト管理ツールのほとんどが、国外の企業によって開発されたものとなっています。「日本で販売されているのだから、ちゃんと日本語で使えるようになっているだろう」と多くの人は考えてしまいがちですが、そこに罠があるのです。

率直なことを言ってしまえば、プロジェクト管理ツールに関連したサポートのほとんどは日本語化がまったくなされていません。ユーザーインターフェースはすべて英語になっているということがしばしばです。公式HPが日本語で書かれているからといって、ツールも日本語であると考えてはいけません。むしろ「そうでない」ということの方がかなり多いのです。

さらに言えば、サポートデスクもひどいものです。国内向けのサポートがあると公式HPで述べていても、実際に連絡をしてみると日本語がつたないスタッフが応対してまったく話にならなかったというのはかなりよくある話です。残念なことではありますが、プロジェクト管理ツールの開発メーカーはそれほど日本市場を重視してくれていないようです。

さらにもうひとつ、プロジェクト管理ツールの使いやすさを大きく分けるのが「視覚性」の問題です。多くのプロジェクト管理ツールは、味気のない文章でのやりとりを想定して設計されているようですが、それは質が低いと言わざるを得ません。「だれでもパッと見ることができて、だれでもパッと把握することができる」のがこれからのデジタルツールの最低条件と言ってもよいでしょう。そのためには、視覚性をどれだけ重要視しているかがもっとも重要となってくるのです。

大きな文字や太字を使えるようにしていたり、画像などを貼れるようにしていれば、より視覚的にわかりやすいタスク管理ができるようになるでしょう。タスク管理シート自体がカードになっていて、ボードに貼り付けられるようになっているというのも理想的です。

これだけのことをちゃんとしているかどうかでも、プロジェクト管理ツールというのは大きく変わってきます。それだけで使い勝手は大きく変化し、プロジェクトの成否も大きく変わってくるはずです。少なくとも、日本語で満足にサポートを行ってくれないツールを使っているようでは、プロジェクトの展望も開けないのではないでしょうか。

プラグインやアドオンがたくさん用意されているツールがいいとは限らない

プロジェクト管理ツールの中には、プラグインやアドオンが多数用意されていることをアピールしているものがあります。確かに、機能をたくさん備え付けられるというのは一見魅力的です。

しかし、逆に考えてみれば、それらは「アドオンをいれなければ、ロクな機能が入っていない」ということでもあるのです。コストの問題などで充実した機能を搭載できないのを、アドオンやプラグインで補っているということもしばしばあるのです。

また、自社の環境に合ったアドオンやプラグインを用意するというのも、なかなか手間がかかります。多くのツール販売会社では、アドオンやプラグインの検索機能を整えていません。だから、自分たちの求めているアドオンをちゃんと探すことができないのです。場合によっては不要なアドオンをダウンロードしてしまい、作業の邪魔になってしまうということもあるでしょう。

まずは無料トライアルで使ってみることをおすすめします

プロジェクト管理ツールを利用する上でもっともよい方法というのは、無料のトライアルサービスを利用することです。

幸いにも、国内でリリースされているプロジェクト管理ツールの多くは、いわゆる「お試し版」が用意されており、期間限定あるいは一部機能を制限されたものを利用することができます。場合によっては「無料プラン」として半永久的に使用することも可能です。(その場合、機能的にはかなり物足りないものとなりますが。)

この手をうまく利用しない手はありません。実際にトライアルで使ってみることによって、そのプロジェクト管理ツールが自分に合っているかどうかを試してみましょう。
 

 

記事一覧

多くの企業で導入が進んでいるプロジェクト管理ツールは、国外のIT企業が開発したものが大半であるため、日本語に対 ・・・[続きを読む]
多くのプロジェクトを並行して行っているとき、それらの管理が必要になります。 経験と勘で管理するのは大変なので、 ・・・[続きを読む]
プロジェクト管理ツールのクラウド型とインストール型は、導入コストや機能、安全性などの点で違いが見られます。 ま ・・・[続きを読む]
プロジェクト管理をする企業が多くなり、そのためのツールを導入するところもあるでしょう。 その時にどんなタイプを ・・・[続きを読む]
プロジェクト管理ツールのセキュリティは、利用料金や機能などに大きく左右されますが、なるべく信頼のできるIT企業 ・・・[続きを読む]
  近年多くの企業やビジネスマンから注目を集めているのが、プロジェクト管理ツールです。 ツールを導入 ・・・[続きを読む]
  プロジェクト管理ツールは、IT企業だけでなく各地の民間企業や官公庁などに導入が進んでおり、業務の ・・・[続きを読む]
  会社などで個々にプロジェクトを進める場合大変役立つのがプロジェクト管理ツールです。この機能を使え ・・・[続きを読む]
    プロジェクトを行うためには誰がどのような作業をしているのか、管理できるツールがあれ ・・・[続きを読む]
    小さなプロジェクトなら進行状況のチェックが楽ですが、規模が大きくなるにつれて管理が ・・・[続きを読む]
インターネット環境が世界規模で構築されつつある今、規模を問わず企業は国境を越えた事業活動を行うのが、当たり前と ・・・[続きを読む]